アーカイブズ学演習
アーカイブズ学研究法―
13B-F-017

担 当 者 単 位 数 配当年次 学 期 曜 日 時 限
下重 直樹 准教授 4 D/M 通年 3

授業概要

本演習は、アーカイブズ学に関する学生の基礎的研究能力を開発するとともに、学生が将来専門職(アーキビスト)として、様々な現実課題に科学的かつ実践的に対応できるよう、その問題発見能力と問題解決能力を育成することを目標とする。本演習では、主として学生一人一人が自らの研究課題について研究発表し、集団討議を通じて個人の研究能力を高める方法をとる。

到達目標

修士論文の作成に向けた研究の実践を通じて、アーキビストとして必要な問題発見能力と問題解決能力を獲得すること。

授業計画

1 オリエンテーション(演習の進め方について)
2 アーカイブズ学研究法入門(1)
3 アーカイブズ学研究法入門(2)
4 学生による研究発表と討論
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14 予備日
15 学生による研究発表と討論
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29 総括
30 予備日

授業方法

最初にオリエンテーションを行って本演習の進め方を説明した後、2回程度、アーカイブズ学研究法について入門的講義を行う。その後は、受講生が順次自分の研究関心にしたがって研究発表を行い、全員で討議する。場合によってはグループを編成して共同研究を実施することがある。

準備学習

学期の初めに研究発表の日程を決めるので、各自それにしたがって準備すること。

成績評価の方法

レポート:50%
平常点(クラス参加、グループ作業の成果等):50%
授業参加状況と授業中のレポート発表によって評価する。
博士前期課程学生については博士前期課程科目の基準により、博士後期課程学生については博士後期課程科目の基準により成績を評価する。

教科書

Jackie Bettington et al., Keeping Archives, 3rd Edition, al.Australian Society of Archivists, 2008
必要な資料は随時配布する。