アーカイブズ・マネジメント論研究Ⅰ
13B-F-009

担 当 者 単 位 数 配当年次 学 期 曜 日 時 限
保坂 裕興 教授 4 D/M 通年 2

授業概要

「アーカイブズ学理論研究Ⅰ(基礎理論)」で講じられる理論や原則を前提に、アーカイブズを科学的に保存・活用するための現代的方法について、基本的な知識と実践能力を習得することを目標とする。第1学期はアーカイブズ・システムの設計と構築、アーカイブズ調査論、編成記述論、検索システム論を取り扱う。編成記述論は、「アーカイブズ・マネジメント論演習Ⅰ」と連動する可能性がある。第2学期は、評価選別論を中心としたレコードキーピング・システム論、デジタルアーカイブズをはじめとするオンラインでの利用論を扱う。なお、本授業はアーカイブズ学専攻博士前期課程1年生に履修を義務付けている科目である。

到達目標

現代アーカイブズ管理の考え方と実務について学び、アーキビストとして必要な基礎的知識と技術を身につける。

授業計画

1 オリエンテーション
2 1. アーカイブズを立ち上げる
1.1 アーカイブズ・システムの構想と設計:何から始めるか?(概論講義)
3 1.2 アーカイブズ立ち上げの実際(1)文献研究(Keeping Archives2章を読む)
4 1.3 アーカイブズ立ち上げの実際(2)ケーススタディ(日本のアーカイブズを調べる)
5 2. アーカイブズ調査論
2.1 アーカイブズ調査の基礎(概論講義)
6 2.2 アーカイブズ調査の実際
(1)ケーススタディ(日本)
7 (2)実習(アーカイブズ調査を企画立案する)
8 3. アーカイブズの編成と記述
3.1 アーカイブズ編成・記述論の現在
(1)国際標準
9 (2)文献研究(Keeping Archives8章を読む)
10 (3)文献研究(Keeping Archives12章を読む)
11 (4)文献研究(国内の研究を読む)
12 3.2 アーカイブズ編成・記述の実際
(1)ケーススタディ(海外)
13 (2)ケーススタディ(日本)
14 同上(続き)
15 予備日
16 4. レコードキーピング・システムの設計と実施
4.1 総合的記録管理の実現に向けて 〜現状と課題〜
17 4.2 日本におけるレコードキーピング・システム
  〜ケーススタディ(神奈川県の事例から)〜
18 5. アーカイブズの移管と受け入れ
5.1 移管 ~文献研究(Keeping Archives6章を読む)
19 5.2 受け入れ ~文献研究(Keeping Archives7章を読む)
20 6. アーカイブズの評価と選別
6.1 評価・選別論の歴史と現在
21 6.2 評価・選別論文献文献研究
(1)Keeping Archives5章を読む
22 (2)(続き)
23 (3)国内の文献を読む
24 6.3 評価・選別論ケース・スタディ
(1)海外の事例から〜「選別基準」からレコード・スケジュールへ〜
25 ((2)海外の事例から〜業務分析にもろづクレコード・スケジュールの最新事例を探す〜
26 7. アーカイブズの公開と利用
7.1 デジタルアーカイブズの最前線からの概観
27 7.2 文献研究(Keeping Archives11章を読む)
28 7.3 文献研究(国内の文献を読む)
29 総合討論〜1年間をふりかえって〜
30 まとめ
本授業と関連して、正規の授業時間以外に、アーカイブズ機関見学やアーカイブズ資料調査などの学外研修(原則として自由参加)の機会を何度か設ける予定である。

授業方法

授業は、(1)講義、(2)文献講読、(3)ケース・スタディ、の3本柱で進める。また、一部で実習的要素も取り入れたいと考えている。文献講読では、『アーカイブズの科学』(柏書房、2003)とKeeeping Archives, 3rd edition (Australian Society of Archivists Inc., 2008)を教科書として用いる。ケース・スタディは、国内国外のアーカイブズ機関の中から適当なところを選んで徹底研究する。文献講読とケース・スタディは出席者に分担してもらうことがある。

準備学習

文献講読やケーススタディの発表を割り当てるので、それに従い準備すること(30分~2時間)。

成績評価の方法

第2学期(学年末試験):70%(全体にわたる基本知識の修得。)
平常点(クラス参加、グループ作業の成果等):30%
平常点は、授業における文献講読やケーススタディの発表を重視する。
博士前期課程学生については博士前期課程科目の基準により、博士後期課程学生については博士後期課程科目の基準により成績を評価する。

教科書

Jackie Bettington, et. al., Keeping Archives, 3rd Edition, Australian Society of Archivists, Inc., 2008
国文学研究資料館史料館『アーカイブズの科学』第1版、柏書房2003
Keeping ArchivesはAustralian Society of Archivists, Inc.から直接ネット購入できるが、希望者には共同購入の方法を考える。

参考文献

エリザベス・シェパードほか『レコード・マネジメント・ハンドブック: 記録管理・アーカイブズ管理のための』、日外アソシエーツ 2016
Michael J. Kurtz, Managing Archival and Manuscript Repositories, (Archival Fundamentals Series), The Society of American Archives, 2004
参考文献については授業時に指示する。

履修上の注意

第1回目の授業に必ず出席のこと。