心理学演習3
教育心理学研究の諸問題―
137-F-031

担 当 者 単 位 数 配当年次 学 期 曜 日 時 限
竹綱 誠一郎 教授 4 D/M 通年 2

授業概要

この授業では、主に、Journal of Educational Psychologyに掲載された最新論文を中心に輪読する。(1)教育心理学研究の最近の研究動向を知ること、(2)教育心理学研究の方法とデータ解析の知識を得ること、および(3)参加者同士の議論を通してそれぞれの内容についての理解を深めることが、この授業のねらいである。

到達目標

内外の教育心理学研究の動向を把握することが主な目標であるが、最新の研究の方法やデータ分析の方法についても十分理解してほしい。

授業計画

第1回目の授業で、課題と発表方法についてのガイダンスを行うので、必ず出席すること
授業の初回に、授業で輪読する文献リストを配布する。それぞれの論文について2名(発表者とコメンテーター)が担当する形式で授業をすすめる。

授業方法

演習方式で行う。

準備学習

1年間に数回、発表してもらう予定である。発表までに、レジメを作成することはもちろんのこと、プレゼンテーションのための周到な準備を望む。

成績評価の方法

平常点(クラス参加、グループ作業の成果等):100%

履修上の注意

第1回目の授業に必ず出席のこと。