※ドイツ語学特殊研究


  --中高ドイツ語入門--
135-F-611

担 当 者 単 位 数 配当年次 学 期 曜 日 時 限
平井 敏雄 講師 2 D/M 第1学期 5

授業概要

ドイツ文学最初の黄金時代と呼ばれる、12~13世紀ごろの中世盛期、宮廷の騎士たちによる詩文学に用いられたドイツ語は、現代のドイツ語の祖先にあたる中高ドイツ語という言語でした。この授業では、今のドイツ語とは音も語形変化も構文も少なからず異なるこの中高ドイツ語を、辞書をたよりに読み解く能力を身につけることを目指します。同時に、ドイツ語の歴史をたどり、親戚にあたる他の諸言語との関係を探ることで、現代ドイツ語に見られる様々な事象についてもより理解を深めてゆきます。なお、本授業は、第1学期は文法をはじめとした基礎知識の習得、第2学期にはその知識を応用しての原典講読を中心に行います。

授業の目的・内容

・中高ドイツ語の基本的な文法を習得し、辞書や注釈書をたよりに原典を読む能力を身につける。
・ドイツ語の歴史の概略をつかみ、現代ドイツ語に見られるさまざまな事象の起源を理解することで、現代語への理解をいっそう深める。
・現代ヨーロッパの源流である、中世の社会・文化に関する知識・理解を深める。

授業計画

当初は中高ドイツ語文法の学習をすると同時に、現代ドイツ語による参考文献を講読し、ドイツ語史及び中世文学についての理解を深めます。授業の中盤からは、中高ドイツ語の原典講読に挑戦します。今年度は英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』を読むことを考えていますが、参加者の顔ぶれに応じて変更することもありえます。

授業方法

受講者の人数・能力・関心に応じて決定します。

準備学習

ドイツ語による参考資料の指定箇所には、毎回あらかじめ目を通してきて下さい。また、中高ドイツ語原典の講読は、事前の予習なしにはまず不可能ですので気をつけて下さい。

成績評価の方法

第1学期(学期末試験):60%
平常点(クラス参加、グループ作業の成果等):40%
試験の成績・授業中の課題への取り組みなどによって総合的に評価します。
博士前期課程の学生と博士後期課程の学生は、それぞれ別の基準で評価します。

授業時に指示します。

履修者数制限あり。
第1回目の授業に必ず出席のこと。