※日本文学演習
江戸時代の地名を考える―
133-F-014

担 当 者 単 位 数 配当年次 学 期 曜 日 時 限
鈴木 健一 教授 4 D/M 通年 4

授業概要

江戸時代の地名を各自が一つずつ選び、文学作品を主な資料としつつ、その特徴について全般的に考察し、かつ表現の問題として深く掘り下げていく。たとえば、深川とか、吉原とか、レポーターが一人につき一つの地名を自由に選び、報告していくこととする。

到達目標

江戸時代の文学作品が持つ魅力に触れることで、文学的な感覚が磨かれる。その表現について考察することで、分析能力が高まる。

授業計画

1 オリエンテーション・1
2 オリエンテーション・2
3 オリエンテーション・3
4 学生による発表と意見交換・1
5 学生による発表と意見交換・2
6 学生による発表と意見交換・3
7 学生による発表と意見交換・4
8 学生による発表と意見交換・5
9 学生による発表と意見交換・6
10 学生による発表と意見交換・7
11 学生による発表と意見交換・8
12 学生による発表と意見交換・9
13 学生による発表と意見交換・10
14 学生による発表と意見交換・11
15 まとめ
16 オリエンテーション・1
17 オリエンテーション・2
18 オリエンテーション・3
19 学生による発表と意見交換・1
20 学生による発表と意見交換・2
21 学生による発表と意見交換・3
22 学生による発表と意見交換・4
23 学生による発表と意見交換・5
24 学生による発表と意見交換・6
25 学生による発表と意見交換・7
26 学生による発表と意見交換・8
27 学生による発表と意見交換・9
28 学生による発表と意見交換・10
29 学生による発表と意見交換・11
30 まとめ

授業方法

演習形式。

準備学習

次回読むところをあらかじめ各自が読んで来てくれたり、関連する論文を読んでおいてくれれば、よりよいと思います(30分)。

成績評価の方法

レポート:20%
平常点:80%(授業中の発表は評価の対象として重視する。)
なお評価は博士前期課程の基準で行う。

参考文献

鈴木健一『江戸諸国四十七景━名所絵を歩く』、講談社選書メチエ
第一回目の授業で説明します。

履修上の注意

第1回目の授業に必ず出席のこと。