日本政治思想研究
112-F-403

担 当 者 単 位 数 配当年次 学 期 曜 日 時 限
中田 喜万 教授 2 D/M 第1学期 1

授業概要

日本政治思想史に関する最新の研究成果(外国語論文を含む)を収集し、それらを批判的に理解する。

到達目標

日本政治思想史に関する最新の研究動向を把握した上で、今後の自分の研究計画を立案する。

授業計画

1 趣旨説明および担当者割り当て。
2 研究論文の紹介および批評(1)
3 研究論文の紹介および批評(2)
4 研究論文の紹介および批評(3)
5 研究論文の紹介および批評(4)
6 研究論文の紹介および批評(5)
7 研究論文の紹介および批評(6)
8 研究論文の紹介および批評(7)
9 研究論文の紹介および批評(8)
10 研究論文の紹介および批評(9)
11 研究論文の紹介および批評(10)
12 研究論文の紹介および批評(11)
13 研究論文の紹介および批評(12)
14 授業のまとめ
15 予備日
受講者と相談の結果、授業計画を変更する可能性がある。

授業方法

少人数での討論による。

準備学習

事前に、政治学科の講義「日本政治思想史」「現代日本の政治思想」「現代社会思想」の受講を済ませておくこと。
配付された研究論文を当日までによく読み込んでおくこと。

成績評価の方法

平常点(クラス参加、グループ作業の成果等):50%
割当てられた報告:50%

教科書

当方で用意する。

参考文献

そのつど指示する。

履修上の注意

履修者数制限あり。
第1回目の授業に必ず出席のこと。

その他

教材準備の都合上、履修希望者は授業初回の前々日までに、履修希望の旨を担当教員まで申し出ること。