行政とガバナンス
112-F-201

担 当 者 単 位 数 配当年次 学 期 曜 日 時 限
藤田 由紀子 教授 2 D/M 第2学期 2

授業概要

近年公刊された日本の行政官僚制に関する文献講読を行い、日本の官僚制の特徴や変容に関する理解を深めるとともに、学術論文執筆の技法を学ぶ。そのため、必要に応じて、社会科学研究の定性的方法論に関する文献や受講者の関心にも考慮してテキストを選定する。

到達目標

文献講読とそれに基づく討論等を通じて、学術論文を読解し、批評する能力を養う。また、論文の執筆に必要な知識やスキル、研究倫理上のルールを修得する。

授業計画

1 ガイダンス
2 文献講読 定性的方法論①
3 文献講読 定性的方法論② 
4 文献講読 定性的方法論③ 
5 文献講読 日本の官僚制論① 
6 文献講読 日本の官僚制論② 
7 文献講読 日本の官僚制論③ 
8 文献講読 日本の官僚制論④ 
9 文献講読 日本の官僚制論⑤ 
10 文献講読 日本の官僚制論⑥ 
11 文献講読 未定(受講者の関心分野)①
12 文献講読 未定(受講者の関心分野)②
13 受講者の研究報告①
14 受講者の研究報告②
15 自主研究

授業方法

文献講読を中心とした演習形式の授業であるので、受講者はテキストを分担して報告し、それに基づいて討論をする。

準備学習

文献講読では、受講者全員が事前に指定されたテキストおよび関連文献を読んでくること(2~3時間)。
報告担当者は、論点を整理したレジュメの作成など報告に必要な準備を行うこと(1~2時間)。それ以外の者は、テキストの内容のコメントを準備すること(30分)。

成績評価の方法

レポート:20%
平常点(クラス参加、グループ作業の成果等):80%(報告の内容、討論への貢献度を重視する。)

教科書

曽我謙悟『現代日本の官僚制』、東京大学出版会2016
前田健太郎『市民を雇わない国家』、東京大学出版会2014
村上 裕一『技術基準と官僚制』、岩波書店2016
上記テキストはあくまで暫定的なもので、受講者の数や関心を考慮して最終的に決定する。

参考文献

G.キング、R.O.コヘイン、S.ヴァーバ『社会科学のリサーチ・デザイン』、勁草書房2004
アレキサンダー・ジョージ、アンドリュー・ベネット『社会科学のケース・スタディ』、勁草書房2013

履修上の注意

第1回目の授業に必ず出席のこと。