国際法演習
111-F-360

担 当 者 単 位 数 配当年次 学 期 曜 日 時 限
阿部 克則 教授 2 M 第1学期 5

授業概要

国際法の重要論点に関する主要な判例を分析し、国際法の解釈・適用の問題点を実践的に学習する。参加者には、判例の評釈を発表し、かつレポートとしてまとめることを課すことにより、国際法の解釈・適用能力の向上を目指す。扱う判例が対象とする分野は、例えば、法源論、条約法、国家承認論、国際法と国内法の関係、国家責任法、国際組織法、国際裁判手続法、領域法、海洋法、安全保障法、国際経済法、国際環境法、国際人権法、国際刑事法等である。

到達目標

国際法の実務・研究を行うために必要な解釈適用能力を身につける。

授業計画

1 イントロダクション
2 法源論に関する判例研究
3 条約法に関する判例研究
4 国家承認論に関する判例研究
5 国際法と国内法の関係に関する判例研究
6 国家責任法に関する判例研究
7 国際組織法に関する判例研究
8 国際裁判手続法に関する判例研究
9 領域法に関する判例研究
10 海洋法に関する判例研究
11 安全保障法に関する判例研究
12 国際経済法に関する判例研究
13 国際環境法に関する判例研究
14 国際人権法に関する判例研究
15 国際刑事法に関する判例研究
受講者の関心により、扱う判例を変更する可能性がある。

授業方法

受講者が用意するレジュメに基づく発表と、それに対する質疑応答により進める。また、論文作成等を行う上で知っておくべき研究倫理を学ぶ。

準備学習

授業で扱う判例を事前に読むこと(約2時間)。
授業後に、扱った判例のポイントをまとめること(約1時間)。

成績評価の方法

レポート:50%
平常点(クラス参加、グループ作業の成果等):50%
提出されたレポートについてh、コメントを付与の上、返却する。

教科書

授業で扱う判例は、別途指示します。

参考文献

James Crawford, Brownlie's Principles of Public International Law, 8th Edition, Oxford University Press, 2012, ISBN:9780199699698

履修上の注意

第1回目の授業に必ず出席のこと。