憲法特殊研究Ⅱ
111-F-211

担 当 者 単 位 数 配当年次 学 期 曜 日 時 限
村山 健太郎 教授 2 M 第1学期 5

授業概要

本講義では、人権論の分野を中心に、総論・統治機構論との関係に留意しつつ、立憲主義の構成要素の1つである自由の保障の原理が、わが国及び諸外国においてどのように具体化されているか、を検討する。日本語及び外国語の基礎的な文献を素材とした講義や対話を通じて、各論点の総合的な理解が養われる。取り扱われるテーマとしては、①人権と民主制、②人権と裁判所、③政教分離と信教の自由、④表現の自由、⑤人権と積極国家、などが考えられる。

到達目標

合衆国憲法における政教分離を主題とした憲法学の修士論文を作成しようとする学生が、自ら適切なテーマを設定し、そのテーマについての論証の基礎となる資料を独力で解析することができるようにする。また、学生の研究者倫理に関する規範意識を徹底すべく、研究者の行動規範、遵守すべきこと等の研究倫理教育を施す。

授業計画

1 イントロダクション
2 エバーソン判決等
3 マッコラム判決等
4 レモン判決等
5 アビントン判決等
6 リー判決等
7 エパーソン判決等
8 キッツミラー判決等
9 リンチ判決等
10 ヴァン・オーデン判決等
11 ローゼンバーガー判決等
12 ゼルマン判決等
13 ロック判決等
14 授業の総括
15 予備日

授業方法

ケース・ブックに掲載されている判例について、受講者全員で討議する。

準備学習

ケース・ブックの該当判例を読んだ上で、授業中にその内容を正確な日本語に訳出できるようにしておくこと。さらに、判例の内容をめぐって疑問や意見がある点について、授業中に発言できるようにしておくこと(1時間以上)。

成績評価の方法

レポート:10%
平常点(クラス参加、グループ作業の成果等):90%
主として、授業参加の優劣を評価の対象とするが、必要に応じて、レポート(optional)を評価の対象とすることもできる。

教科書

Kathleen Sullivan & Noah Feldman, Constitutional Law, (University Casebook Series) 19th Edition, Foundation Press, 2016, ISBN:9781634594479
Kathleen Sullivan & Noah Feldman, First Amendment Law, (University Casebook Series) 6th Edition, Foundation Press, 2016, ISBN:9781634594486
Kathleen Sullivan & Noah Feldman, Constitutional Law, 19th: 2017 Supplement, (University Casebook Series) 2017th Edition, Foundation Press, 2017
教材については、当方で準備する。

参考文献

授業の進行にあわせて、随時指示する。

履修上の注意

履修者数制限あり。
第1回目の授業に必ず出席のこと。