研究指導

111-F-400

担 当 者 単 位 数 配当年次 学 期 曜 日 時 限
鎮目 征樹 教授・他
2 M 集中(通年)

授業概要

法学に関して、研究の実践、指導を行い、法学について論文指導を行う。

授業の目的・内容

修士論文の執筆に必要な研究倫理、研究手法の基礎を身につけ、各専門分野について高度な法律知識を修得する。

授業計画

1 研究計画の確認
2 研究手法・研究倫理についての説明
3 個別指導
4
5
6
7
8
2週間に1回、担当教員による個別指導が行われる。内容は担当教員により異なる。

授業方法

演習形式

準備学習

担当教員から個別に指示がある。

成績評価の方法

レポート:50%(年間研究計画、あるいは修士論文の中間報告の成果による。)
平常点(クラス参加、グループ作業の成果等):50%(論文執筆のための準備作業)