英語R(上級)英ⅡB
002-D-313

担 当 者 単 位 数 配当年次 学 期 曜 日 時 限
第1学期  吉野 由利 准教授
第2学期  藤永 康政 講師
2 通年 3

吉野 由利 准教授 (第1学期) イギリスを学ぼう

授業概要

Realise Britain という話題満載のテキストを使って、イギリスの社会、文化について学びます。食べ物から音楽、階級制度からシェイクスピアまで、12章楽しみながら読みましょう。

到達目標

イギリスのジャーナリストが書いた英文の明快な構文、ユーモア、ニュアンスを分析する読解力を養う。イギリスの社会、文化について理解を深める。

授業計画

1 イントロダクション
クラス紹介 授業の説明
2 A Fortunate Accident
3 Britain's Best Ride
4 The Meaning of Bond
5 The Changing High Street
6 Expressive Expressions
7 A Woman of Some Importance
8 Shakespeare Lives On
9 British Food: Better Than Awful
10 A Complicated Country
11 The Quite Fab Four
12 The "Invention" of Sport
13 Changing Classes
14 授業のまとめ
15 到達度確認

授業方法

読む・聴くなどのインプットから、書く・話すといったアウトプットまでつなげるように、授業では教科書を段落ごとにまとめたり、章末の問題で確認したりするほか、関連する音源や関連する動画を活用した発展学習や、章末問題の英問英答をペアやグループで行う予定です。

準備学習

事前に教科書の該当箇所を読み、章末問題および課題に取り組んでおくこと(約60分)。まずは、辞書を引かずにスキャニングして大意を把握⇒分からない単語や表現の意味を前後の文脈から推測する⇒英英辞書・英和辞書でひきながら精読する。各段落の要約を作成し、ニュアンスの難しいところや意味の取りにくいところ、疑問点をマーキングしておく。
 
教科書の巻末の Notes に頼らず、まず自分で辞書をひいて意味を調べてから最後にNotesを参照しましょう。

成績評価の方法

第1学期(学期末試験):50%(授業内容をきちんと理解しているか)
レポート:20%(授業内容をきちんと理解し、発展させる能力を示せているか)
平常点(クラス参加、グループ作業の成果等):30%(予習をきちんとしていることを示し、ペアやグループの作業に意欲的に取り組めているか)
試験の成績と平常点から総合的に判断します。

教科書

Colin Joyce 真野泰『Realise Britain』、金星堂2014年、ISBN=9784764739826

参考文献

授業時に指示します。

履修上の注意

履修者数制限あり。
第1回目の授業に必ず出席のこと。

その他

英文を理解するためには、文法や語法のほかに、どのような知識や能力が必要なのか、それはどうすれば伸ばすことができるのか、というようなことについて考えてみたいと思います。日本・イギリス・世界の文化や社会に目を向けることを普段から心がけてください。

藤永 康政 講師 (第2学期) アメリカの名演説を読む

授業概要

英語英米文化学科2年生共通のテキストを使用して、アメリカの文化・歴史についての基礎知識を英語を通して学ぶ。

到達目標

アメリカの文化・歴史について学び、それにかんする自分の意見を英語で表現できるようになる。
スピーチの構成を学び、そのスピーチをうまくプレゼンテーションできるようになる。

授業計画

1 オリエンテーションとイントロダクション
2 Martin Luther King, Jr, "Reasons for Bringing Vietnam into the Field of My Moral Vision"
3 Kingの続き
4 Abraham Lincoln, "The Gettysburg Address" 暗誦
5 暗誦の続き
6 Barack Obama, "A More Perfect Union"
7 Obamaの続き
8 Mario Matthew Cuomo, "The American People Hear Our 'Tale of Two Cities'"
9 Cuomoの続き
10 Alan Greenspan, "Critical to Economic Growth Is a Rule of Law, Particularly Protection of the Right of Individuals and Property"
11 Greenspanの続き
12 Paul Auster, "A New Perspective on America"
13 Austerの続き
14 理解度の確認
15 予備日

授業方法

アメリカ史上の名演説の講読により英語読解力を養うと同時にアメリカの文化・歴史・文学の基礎知識を解説します。

準備学習

各セッションの1回目の前にはテキスト付属のCDも使って予習を、2回目の前には復習をしておくこと。

成績評価の方法

第2学期(学年末試験):60%
小テスト:30%
平常点(クラス参加、グループ作業の成果等):10%(暗誦など)

教科書

上岡伸雄・佐久間みかよ・田村理香『アメリカの名演説 リーディング・テキスト』、研究社2010年、ISBN=4327421839

履修上の注意

履修者数制限あり。
第1回目の授業に必ず出席のこと。